レンタルサーバー 比較らくらく

レンタルサーバー 比較らくらく

レンタルサーバー 比較らくらく

パソコンの中にあるファイルを外の人にも見てもらうには、サーバーが必要です。

 

主にはWEB(ホームページ)を見る目的ではありますが、PHPやインターネットを使ったネット販売などもこうしたサーバーを利用する必要があります。

 

サーバーは自分で構築するやり方と、今回のお話であるレンタルサーバーと大きくは二つに分かれます。

 

サーバーと聞くと仰々しいように思いますが、中古の古いパソコンでも構築する事はできます。

 

しかしサーバーを管理するという事は、電源を常に入れてなければなりません。つまり電気代がかかります。

 

更にウイルスなどの防衛手段も講じなければなりません。

 

こうした事を考えると、外注に依頼してしまった方が電気代やウイルスの感染などのデメリットを解消できると思います。

 

しかも、近年レンタルサーバーは価格競争によってかなり安くなりました。

 

勿論、自分の技術力に自信があるとか他の目的があるのならともかく、簡単なサイトを作りたいとか法人で使用する場合技術者を雇わなければなりませんが、小さいWEB企業は現在ほとんどがこのレンタルサーバーを利用しているのでないでしょうか。

 

経費節約に一役貢献している訳です。

 

 

レンタルサーバーには実は有料と無料とかがあります。

 

無料のレンタルサーバーでもよいのですが、こうしたサーバー屋さんはバナー収益で利益を得ている所が多いです。

 

従って、個人がサンプルや作品を証明する為などの教材目的でのサイトアップについては、収益性が見込めないと判断した段階で、ドメインをいきなり削除されてしまったりします。

 

そうすると、消えた事すら知らないでサンプルを提出する事となり、慌てて有料サーバーを契約する事となります。こうならない為に私は有料サーバーをお勧めします。

 

問題はどういうサーバー屋さんがよいのか?という事ですが、目的用とによって契約内容が沢山あるサーバー屋さんが良いのではないかと思います。

 

料金が高ければワードプレスなどのサイト構築をする人にとっては、ある程度要領の多いサーバー契約の安い所を選んだりします。

 

しかし、勉強している段階であるとか、自身でサイト構築技術のある人は一番安い契約で充分の筈です。

 

そういう人にとって見れば一番安い契約で料金がどの程度なのか?が焦点となります。目的用途をはっきりする事が重要です。

 

 

無料サーバーは読んで字のごとく無料です。

 

ですからサーバー料金とは様々だという事を念頭に置かなければなりません。

 

近年数十GBの場合2000円以下というのが多いと思います。

 

ワードプレスを使用する程度になると5000円~10、000円とちょっと幅がありますね。

 

それと法人各をとるばあい、強制ではありませんがドメインを購入する事があります。

 

もう一度考えなければならないのは、用途をはっきりさせる必要があります。

 

趣味の範疇あるいは、技術力の証明など教材目的での契約はなるべく安い方法を考えるので、2000円以下というのを選ぶのがいいと思います。

 

ただ技術もないという事であればワードプレスなどの契約が必要になったりもします。そうなるとやはり料金はやや高くなると思います。

 

商売で個人サイト構築であれば、それなりの料金になりますし、個人的な趣味の範疇なら安い方法を考えます。

 

相場という考え方が、自分の目的用途によって変わります。しかし普通の一般的な使用目的で平均すると高くても月通百円。

 

年でも5000円程度が相場と言えます。

 

 

サクラサーバーを現在契約していますが、もう5年目となります。

 

サーバー契約のいい所は、もうしましたようにウイルスの防御あるいは電気代の節約などもそのいい点の一つではありますが、無料サーバーだとどうやっても聞けない技術指導が結構受けられます。

 

どうしてこうしたトラブルになっているのか?という相談を、ある程度アドバイスしてくれるのも、契約しているサーバーのちょっとしたサービスだと思います。

 

ちょっとしたトラブルも自分の力では解決できなくても、アドバイスをくれると解決する事があります。

 

なかなかサーバーを借りている人は少ないのが現状であり、こうしたアドバイスをしてもらえるというのは、サーバー契約以上にメリットが存在します。

 

これは契約料金関係なく、おまけのサービスとして甘受出来るので無料のサーバーにはなかったメリットを私は発見する事ができました。

 

特にサーバーに不慣れな人にとっては技術指導は結構心強いものです。

 

大抵のサーバー屋さんは商売ですから、親切に接してくれる所が多いと思います。

 

サクラサーバーも特に現在までトラブルもなく契約が出来ています

 

 

これはサーバー屋さんによって様々です。ネット上で契約するのがほとんどだと思います。

 

無料サーバーの場合、特にドメインがすでに任意で決められたものを使用したり、有料ですとサブドメインがいくつ使えるか?など様々な契約を見ながらになりますが、

 

基本料金の引き落とし先と住所や氏名を記入して発行されるFTPアカウントやパスワード、会員IDなど重要な情報は管理して、FFFTPファイルなどを利用してサイトをアップさせます。

 

申し込み自体は普通の車の保険屋さんと大して変わりません。誰でも契約する事が出来ます。

 

俗にYAHOOなどのインターネットを契約するように、電気屋さんが能動的にこうした事をする事はままなく、

 

そもそもサーバーを保有する目的の人はWEBの技術者や最近ではプロバイダーの中にそうした簡単なSNSなどの機能があったりしますから、やはり最低限度インターネットを使っている人が対象となります。

 

サーバーはネット上で色々見ながら、料金を考えながら探したりすることが多いです。

 

相手からサーバーを勧めてくるというのはあまりない業界かもしれません

このページの先頭へ戻る